2011年02月21日

gooブログとTwitter(ツイッター)の連携方法

ビジネスブログを「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ


今日は「無料ブログサービスの機能と操作」のカテゴリで

『gooブログとTwitter(ツイッター)の連携方法』

というテーマのブログです。

実際のコンサルティングの場面でも、ビジネスブログのお話と
Twitter(ツイッター)をビジネス利用する方法をセットで
お伝えすることが多くなっています。

今回は、利用者も多い「gooブログ」の記事投稿を
ツイッターにも投稿する方法(=ツイッター連携)をお伝えします。

【 1、準備 】

まず、

・Twitter(ツイッター)のアカウントを取得し
・Twitter(ツイッター)にログインした状態にする

ことから始めましょう。

【 2、「ユーザー設定」での設定 】

gooブログ編集画面の「設定メニュー」から「ユーザー設定」を
クリックします。

ページ下部に「Twitter(ツイッター)連携」という項目がありますので
「Twitterとの連携設定を行う」をクリックします。

ツイッター連携

すると、Twitter(ツイッター)の画面になり
「アプリケーションが、あなたのアカウントへの接続を要求しています。」
というメッセージが表示されます。

「gooによるアクセスを許可しますか?」の下部、「許可する」
をクリックします。

アクセス許可

上記がうまく行くと、再度、gooブログ編集画面に戻るはずです。
「Twitter連携が完了しています」というメッセージが表示
されていれば、ここまで順調です。
※万が一「Twitterとの連携設定を行う」などと、先ほどと同じ
メッセージが出てきたら、再度クリックしてください。

Twitter連携完了

なお、その表示下部に「まとめ投稿の使用」という項目があります。

「まとめ投稿」とは「ツイッターにつぶやいた内容を1日1回
まとめてブログ記事として投稿する」という機能ですが、
ブログの読者にとってはあまり有用な情報ではなく、前後の意味も
通じないことから、まとめ投稿は「使用しない」ことを
お奨めしています。

【 3、「新規投稿」での設定 】

gooブログ編集画面の「新規投稿」メニューボタンをクリックします。

適宜、タイトルと内容を入力した後、ページ下部「(−)その他の設定」
をご覧ください。
※「(+)その他の設定」になっている場合は(+)をクリックし
(−)にしてください。

「投稿通知」という項目で「twitter」というところにチェックが
入っていると思います。

「タイトルを追加」ボタンをクリックすると、上記で記入した
タイトルが自動的に入ります。

タイトルを追加

そしていよいよページ下部「投稿する」ボタンを押すと、
通常通りgooブログが更新されるだけでなく、

・あなたのツイッターで「ブログタイトル」と「記事のURL」等が
 同時に投稿されている

のが確認できるでしょう。


なお、【2】は一度設定すれば記事投稿の度に設定するものではないので
ブログ更新の実務上は

・新規投稿のときにページ下部「(−)その他の設定」で
 「タイトルを追加」ボタンをクリックすること

を追加するだけで
、あとはいつも通りの流れになります。

今日は『gooブログとTwitter(ツイッター)の連携方法』
についてのブログでした。
ご参考になれば幸いです。

≫永友事務所ツイッターはこちらです

posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 13:10| Comment(0) | 無料ブログサービスの機能と操作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

踊り場のある階段と、ない階段。どちらを登りたいですか?

ビジネスブログを「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ


今日は『踊り場のある階段と、ない階段。どちらを登りたいですか?』
というテーマのブログ記事です。

ビジネスブログのご助言をさせていただくときに、
意外に、よくお見かけする状況があります。

それは

・段落を作らず、改行せず文章をつなげる方

です。

ビジネスブログを書きあげてしまおう!という意識が強いのか
または、「段落に分ける」ということが単に習慣化されていない
だけなのかわかりませんが、

・だらっ〜と長文を書き続ける方

を結構目にします。

読み手、つまりお客さまの視点に立っていただくと、
これは相当辛い状況です。

言うなれば、『踊り場のない階段を見上げたとき』
に感じる不安や疲労感、とでも言いましょうか。

それでも登ってくれれば恩の字ですが、ネットの向こうの
お客さまは、のんびりとネットサーフィンをしているわけではありません。

・意味ごとに段落を分ける

・注目してほしい文章は、そこだけ改行する


などの工夫をして、ストレスなく読んでいただくように
したいですよね。

お客さまのことを考えた文章の体裁は、きっとお客さまの
心に響くと思いますよ。

今日は『踊り場のある階段と、ない階段。どちらを登りたいですか?』
というブログでした。ご参考になれば嬉しいです。

facebook永友事務所ファンページで『お客様目線のHP』
についてディスカッションしています≫
posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 14:15| Comment(0) | ビジネスブログのコンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする