2012年05月29日

「ウソ」と「表現上の工夫」

ビジネスブログを「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ


今日は「ビジネスブログのコンテンツ」のカテゴリで

『「ウソ」と「表現上の工夫」』

というテーマのブログです。

先日、創業準備中のかたにビジネスブログのアドバイスを
させていただいていた時のことです。

「永友さん、実際は○○なのですが、よく見せたいので
 ▲▲のように誇張して書いてしまっても良いでしょうか?」
「多少のウソは、大丈夫ですよね?」

という趣旨のご質問を頂きました。

創業準備中の立場では、今の自分よりもよりよく見せて、
はやく売り上げを上げたい!という気持ちが強く、このように
「事実と違うことをHPやビジネスブログに書こうとする人」
に、意外に多くお目にかかります。

私はゆっくりと落ち着いて、以下のようにお答えすることに
しています。

「●●さん、私も創業からまだ日が浅く、お気持ちは痛いほどわかります。
 ですが、次のような理由で、それは絶対にやめた方が良いと思います。
 私は家族に対応するようにご相談者さまに接しています。●●さんが
 私の兄弟だったら、絶対にそのようなことはさせません」

「まず、創業準備中のビジネスブログといえども、見ている人は
 きちんと見ています。もしその事実を知っている人が見たら、
 ●●さんと競合関係にある場合は、密告(いわゆるチクリ)したり
 2ちゃんねる等のネット上で吹聴したり、●●さんにとって有利なことは
 何一つありませんよ」

「またもし●●さんのファンがそれを見たら、落胆し、ファンでなくなって
 しまうかもしれません。創業時は今までの『ご縁』が重要ですから、
 そのファンを落胆させることは、あってはならないと思います」

「3つ目は、自分への裏切りです。ウソをついたことは、それからずっと
 ●●さんご自身を苦しめることになると思います。こうなると、商売への
 意欲などが、殺(そ)がれてしまいますよ」

ここまでお答えすると、「やっぱりウソはダメか」と、少々残念がられます。
私は「モノは言いよう」という「表現上の工夫」について、併せてお話ししています。

「例えば永友事務所では、創業から約3年間で、のべ400社以上の事業所さまと
 ご縁を頂きました。が、そのうちホームページからの直接新規契約(コンサル等
 申込)は1割にも満たないのです」

「ホームページコンサルタントなのに、ホームページからの直接新規契約が
 1割にも満たない。このまま表現するのは気がひけますよね(笑)
 だから私は、『紹介/リピーターが90%以上です』と表現しています」

いわゆる「角度を変えて」観察、表現すれば、いっけん良くなさそうな
情報も、PRになり得ることを、身をもって示しているつもりです。

ネットショップなどでも「受注から配送まで、ちょっと時間がかかる」
ということも、「ひとつひとつ手作りですので、お届けまで
お日にちを頂いております」など(それが事実であれば)表現を
変えることは「表現上の工夫」として、許されることだと思います。

今日は「ビジネスブログのコンテンツ」のカテゴリで
『「ウソ」と「表現上の工夫」』
というテーマのブログでした。
ご参考になれば幸いです。

≫永友事務所が初めての方へ


posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 12:44| Comment(0) | ビジネスブログのコンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

見慣れない「アクセス元」は、むやみにクリックしない

ビジネスブログを「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ


今日は「ビジネスブログのアクセス解析」のカテゴリで

『見慣れない「アクセス元」は、むやみにクリックしない』

というテーマのブログです。

このSeesaaブログにも「アクセス解析」という機能があります。

・どんなキーワードでビジネスブログにやってきたか?
・どんなHPから、このビジネスブログにやってきたか?
・このビジネスブログは、何人くらい見てくれているのか(閲覧があるのか)?
・このビジネスブログのどんな記事が人気なのか?

などが分かるので、ビジネスブログ運営の参考になりますよね。

非常に有用な「アクセス解析」ですが、注意点があります。
それは、

・見慣れない「アクセス元」は、むやみにクリックしない

ということです。

最近、私のビジネスブログに、見慣れないアドレス(URL)からの
アクセスがあります。「アクセス元」というデータから、それがわかります。

基本的には、あるホームページから私のビジネスブログに「リンク」
が張られていて、そこをクリックされてくるので「アクセス元」
として記録される、つまりは

・「あるホームページ」に、私のビジネスブログへのリンクが
 張られている「はず」

なのですが、確認すると、それが「無い」ことがあります。

換言すれば、「リンクがないのに、リンクをたどって私の
ビジネスブログにやってきた」という記録になっているのです。

これには様々な技術的な理由があるので、なぜこんな現象が
起こるかは断定はできません。

が、ひとつハッキリしているのは

・そういう(当方宛のリンクがない)ホームページは、
 いわゆるアフィリエイトサイトである

ことなのです。

あくまで推測ですが、そのアフィリエイトサイトを幅広くブロガーに
知らせたいための、作為的なアクセスなのかもしれません。

「アクセス元」のデータを見ると、見慣れないHPアドレスがある。
この場合、「誰かがリンクして紹介してくれたのかな?」と思って
確認のためにそのHPアドレスをクリックしてしまいますよね。
(「アクセス元」のHPアドレスはクリックできるようになっています)

そのブロガー心理を利用して、アフィリエイトサイトをPRする手法、
なのかもしれません。

それであれば「カワイイ」ものですが、ひょっとすると

・ワンクリック詐欺的ホームページ

である可能性もありますので、注意が必要です。

基本的には、見慣れない「アクセス元」は、むやみにクリックしない。
これが一番安全かなと思います。

今日は「ビジネスブログのアクセス解析」のカテゴリで
『見慣れない「アクセス元」は、むやみにクリックしない』
というテーマのブログでした。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友一朗公式ブログへ

posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 15:45| Comment(0) | ビジネスブログのアクセス解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする