2012年05月29日

「ウソ」と「表現上の工夫」

ビジネスブログを「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ


今日は「ビジネスブログのコンテンツ」のカテゴリで

『「ウソ」と「表現上の工夫」』

というテーマのブログです。

先日、創業準備中のかたにビジネスブログのアドバイスを
させていただいていた時のことです。

「永友さん、実際は○○なのですが、よく見せたいので
 ▲▲のように誇張して書いてしまっても良いでしょうか?」
「多少のウソは、大丈夫ですよね?」

という趣旨のご質問を頂きました。

創業準備中の立場では、今の自分よりもよりよく見せて、
はやく売り上げを上げたい!という気持ちが強く、このように
「事実と違うことをHPやビジネスブログに書こうとする人」
に、意外に多くお目にかかります。

私はゆっくりと落ち着いて、以下のようにお答えすることに
しています。

「●●さん、私も創業からまだ日が浅く、お気持ちは痛いほどわかります。
 ですが、次のような理由で、それは絶対にやめた方が良いと思います。
 私は家族に対応するようにご相談者さまに接しています。●●さんが
 私の兄弟だったら、絶対にそのようなことはさせません」

「まず、創業準備中のビジネスブログといえども、見ている人は
 きちんと見ています。もしその事実を知っている人が見たら、
 ●●さんと競合関係にある場合は、密告(いわゆるチクリ)したり
 2ちゃんねる等のネット上で吹聴したり、●●さんにとって有利なことは
 何一つありませんよ」

「またもし●●さんのファンがそれを見たら、落胆し、ファンでなくなって
 しまうかもしれません。創業時は今までの『ご縁』が重要ですから、
 そのファンを落胆させることは、あってはならないと思います」

「3つ目は、自分への裏切りです。ウソをついたことは、それからずっと
 ●●さんご自身を苦しめることになると思います。こうなると、商売への
 意欲などが、殺(そ)がれてしまいますよ」

ここまでお答えすると、「やっぱりウソはダメか」と、少々残念がられます。
私は「モノは言いよう」という「表現上の工夫」について、併せてお話ししています。

「例えば永友事務所では、創業から約3年間で、のべ400社以上の事業所さまと
 ご縁を頂きました。が、そのうちホームページからの直接新規契約(コンサル等
 申込)は1割にも満たないのです」

「ホームページコンサルタントなのに、ホームページからの直接新規契約が
 1割にも満たない。このまま表現するのは気がひけますよね(笑)
 だから私は、『紹介/リピーターが90%以上です』と表現しています」

いわゆる「角度を変えて」観察、表現すれば、いっけん良くなさそうな
情報も、PRになり得ることを、身をもって示しているつもりです。

ネットショップなどでも「受注から配送まで、ちょっと時間がかかる」
ということも、「ひとつひとつ手作りですので、お届けまで
お日にちを頂いております」など(それが事実であれば)表現を
変えることは「表現上の工夫」として、許されることだと思います。

今日は「ビジネスブログのコンテンツ」のカテゴリで
『「ウソ」と「表現上の工夫」』
というテーマのブログでした。
ご参考になれば幸いです。

≫永友事務所が初めての方へ


posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 12:44| Comment(0) | ビジネスブログのコンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

踊り場のある階段と、ない階段。どちらを登りたいですか?

ビジネスブログを「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ


今日は『踊り場のある階段と、ない階段。どちらを登りたいですか?』
というテーマのブログ記事です。

ビジネスブログのご助言をさせていただくときに、
意外に、よくお見かけする状況があります。

それは

・段落を作らず、改行せず文章をつなげる方

です。

ビジネスブログを書きあげてしまおう!という意識が強いのか
または、「段落に分ける」ということが単に習慣化されていない
だけなのかわかりませんが、

・だらっ〜と長文を書き続ける方

を結構目にします。

読み手、つまりお客さまの視点に立っていただくと、
これは相当辛い状況です。

言うなれば、『踊り場のない階段を見上げたとき』
に感じる不安や疲労感、とでも言いましょうか。

それでも登ってくれれば恩の字ですが、ネットの向こうの
お客さまは、のんびりとネットサーフィンをしているわけではありません。

・意味ごとに段落を分ける

・注目してほしい文章は、そこだけ改行する


などの工夫をして、ストレスなく読んでいただくように
したいですよね。

お客さまのことを考えた文章の体裁は、きっとお客さまの
心に響くと思いますよ。

今日は『踊り場のある階段と、ない階段。どちらを登りたいですか?』
というブログでした。ご参考になれば嬉しいです。

facebook永友事務所ファンページで『お客様目線のHP』
についてディスカッションしています≫
posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 14:15| Comment(0) | ビジネスブログのコンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

「体験談」はアクセスを稼ぐキラーコンテンツ

ビジネスブログ「無料ブログサービス」を使って
作ることをお話しするこのブログ。

今日は『「体験談」はアクセスを稼ぐキラーコンテンツ』
というテーマのブログ記事です。

「キラーコンテンツ」とは、「魅力的な内容」という意味で
テレビであれば、

・動物
・子供
・ラーメン、寿司

がキラーコンテンツと言われていますよね。

では、ビジネスブログにおける「キラーコンテンツ」とは
何でしょうか?

もちろん「読者にとって有益なノウハウ」「お得な情報」も
ありますが、

・「体験談」がとてもアクセスを稼ぐ

ことを、知っておいてください。

魅力的⇒多くの方に見られる⇒アクセスが増える

という図式です。

では、「体験談」って何?ということですが
私の公式ブログ
わかりやすいホームページ相談 永友一朗公式ブログ
では、以下の記事がとてもアクセスが多いんです。

『Dreamweaver CS4をWindows Vista64ビット版にインストール、
その結果』
http://web-adviser.seesaa.net/article/118165765.html

『商工会「SHIFT」の「ここがPOINT」という項目の記入について』
http://web-adviser.seesaa.net/article/133781737.html

『撮り損ないの写真はモノクロにしてみる』
http://web-adviser.seesaa.net/article/118995231.html

『無印良品「体にフィットするソファ」の処分の仕方』
http://web-adviser.seesaa.net/article/145308523.html

体験談のアクセスが多い。これは恐らく、

・前例を参考にしてリスクを軽減したい

という心理があるためだと、私は考えています。

さて、「体験談」は具体的にどんなものがあるでしょうか?

・設備工事業さまであれば、「施工中の、工事の解説」
・飲食店さまであれば、「旬のレシピ」
・整体/サロンさまであれば、「導入した機材で施術した時の
 様子」
・税理士/行政書士さま等であれば、「自分自身が書類作成、
 提出した時の実体験」

…など、要するにブログ記事を書くあなた自身が体験したこと
をそのまま書くことで、他では得難い「貴重な経験者の声」
というキラーコンテンツが書けるのです


ポイントは、「方法」「仕方」「コツ」「体験」などの
検索キーワードになり得る言葉を入れることです。

今日は『「体験談」はアクセスを稼ぐキラーコンテンツ』
というブログでした。

無料でブログを作って、ビジネスに大いに活用していきましょう!

永友事務所のわかりやすいビジネスブログコンサルティング
posted by ホームページコンサルタント永友事務所 at 09:50| Comment(0) | ビジネスブログのコンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。